不動産賃貸会社の新しいカタチ。。。


こんにちは、世の中は3連休ですね。

来週3日有給を取れば、1週間遅い夏休みの方々もいるのではないでしょうか?


さて、本日読売新聞の内閣支持率の世論調査が発表されました。

以下、抜粋した記事です。


『菅内閣としては、発足直後調査(6月8~9日実施)の64%を上回り、最高を記録した。不支持率は25%(前回28%)だった。内閣と党役員人事で小沢一郎元代表を起用しないなど、「脱小沢」路線を評価すると答えた人は70%に達し、内閣支持率を押し上げたとみられる。』

20100918-567-OYT1T00729-20100918-636465-1-L←読売新聞世論調査


どうですか?

先日のブログで、民主党の支持率回復を狙った「悪代官小沢』というストーリーが、現実的になってきませんか?(笑

「政治生命をかけて・・・」なんて言ってましたから、これからやり残した最後のことを完結させられれば、政界引退のシナリオを描いているんじゃないですかね~。その完結させる”何か”までは予想はできませんが、何かそう想像させることが、起きそうな予感です・・・(笑

(これ当たったら、僕も政界にデビューしようかな~・・・苦笑)


それから、もう一つ時事的に業界のニュースで、画期的なシステムが開発されました。

それは・・・、


『数百件の不動産情報も楽々持ち運び』

アットホームが図面情報までを電子化「パラパラめくり感」も再現

そうです、不動産屋さん行くと、沿線別の分厚いファイルから物件図面を探していたことが、データで取り込みipadでペラペラ探せるようになるんです。(すごいっ~!!

ph003←こんな感じで・・・物件が探せるわけですね。。。


むかしお部屋のアドバイザーをやっていた頃、3日に一度、アットホームさんが図面を配布してくるのですが、あの仕訳が超~~~っ、面倒くさいんですよ。

まず、住居と事務所・店舗に分類し、さらに住居を沿線別、それを都内、神奈川に分け、単身者用、1DK,2DK、3DK・・・と間取り別に分けてファイリングするんですが、その配布された日は、営業マン全員でやるんですね。ま~、この時に物件情報を、自分のお客様に紹介できる物件として頭にインプットしていくんですが、いい物件があると、ずる賢い営業マンはその図面を隠して、こっそりいち早く、自分のお客様に紹介するんですよ。やっぱり歩合給なので、やり口がえげつない場合もあるんですね。

・・・で、そのことがバレた営業マンは、反響のお客様の割り振りを3日なしというペナルティを科せられるわけです。ホント必死ですよ、みんな・・・(笑


でも、これからの時代、ipadを持ち歩いていくことも可能ですし、不動産屋さんの店舗も今後なくなっちゃう時代が来るんじゃないでしょうかね~。。。

不動産は、情報が命ですけど、昔から典型的なアナログな業界でしたから、時代のながれなんですかね??(笑



ipad、買おうかな~。。。 


それにしても、尖閣諸島の問題、これから中国人との取引前ですから、ちょっと気になるな(悩;






コメントをどうぞ

▲ページの先頭へ戻る