底値・・・かな?再度動き出す外資勢 


いや~、愛煙家の皆様いかがお過ごしでしょうか?

明日から、値上げってこともあって、コンビニなんかはワンカートンづつ買える専用棚を用意してて、次から次へと買っていく人が見受けられました。

僕も喫煙者ですが、特に相変わらず・・・


「キャビンマイルド 2つください・・・あっ、これもっ!」


・・・と、レジ前にあった、、、

01161404_4b5148f2f0c9c(販売者:株式会社リベロLK)


・・・を、無意識のうちに出していました。


「2箱でいいんですか?」

「はっ、はいっ!」


たばこ2箱に、相反する禁煙アメ1袋。。。

なんという、中途半端なっ!!

つくずく、意思が弱い自分が情けないっ!!(失笑~~~~


さて、国土交通省が9月21日に発表した10年都道府県地価調査(基準地価)によると、今年7月1日までの1年間の地価の動きは下落した地点が全体の98・5%を占め、住宅地・商業地の平均地価変動率も47都道府県全てで下落したようです。一方、前回(09年)調査に比べると、上昇は3地点から27地点に、横ばいも257地点から302地点に増加した模様です。

先日、ある外資系の不動産投資ファンドの方と話した際、「今後は積極的に買っていく」ということを言っていましたし、今年4月のJ-REATが行った意識調査では、「今後1年は、積極投資を行う」と戦略を打ち出している機関は80%で、その中でもオフィスが半分以上で、賃貸マンションが3割以上を占めています。

恐らく、都市中心部の不動産価格が底に来たと、金融機関や海外投資家は見ているのではないでしょうか。。。


それから、、、

都市デザインシステムさんが以前、事業戦略のひとつで「コーポラティブヴィレッジ」を手がけられていたんですが、


b0011b0013b0042b0041








(かっこよくないですか~~?)



まさに、僕が目指すところの戸建賃貸がこのイメージなんです。

都市デザインシステムさんはリーマンショック以降に破たんしたのですが、2009年3月にコクヨオフィスシステム株式会社さんの100%子会社として、再スタートした企業です。

個人的には、知人もいたので、すごく意匠設計やデザインのファンだったわけです。。



さて、今日から(日にちが変わったので)、10月です。

食欲、スポーツ、紅葉・・・色々楽しみな秋ですね~~~


コメントをどうぞ

▲ページの先頭へ戻る