今後の経済は?


今日もいいお天気でしたね~

あまりにもいいお天気だったので・・・


TO  THE  NEWYORK!!・・・


007


・・・ではなくて、お台場に行ってきました(笑

いや、遊びでなく、ちゃんとお仕事です。。。


006008011


平日でしたが、結構賑わいもあって、外国人の姿が多かったように感じます。

普段、手っ取り早くすませる、牛丼や立ち食いソバなどが多いんですが、ちょっとリッチ?でもないんですが、アクアシティのイタリアンレストランのテラスで、海風に当たりながらランチしちゃいました(笑


さて、昨日の日銀の発表の効果に株価も反応したのですが、為替は円高が進んでNY市場で83円割れまで上昇したようです。

これは、”円高”というより”ドル安”の影響で、なおもアメリカ経済が弱く、FRBの方がより踏み込んだ緩和策を実行するのではと市場が予測しているからで、ドル売りからくるもののようですね。。。


日本政府も、4.8兆円の追加補正予算を発表したのですが、公共工事や社会保証に大半をつぎ込む内容になったみたいです。


『なぜこれだけ景気対策や日銀の金融緩和をやっても、一般庶民に実感がないのか?』


みんさん、疑問に思いませんか??

個人的考えと前置きしますが、あのホリエモンのころから、「会社って誰のためのもの?」・・・というアンチテーゼみたいなものが議論されてから、「会社は株主のため」という認識が、常識的に考えられ始めた小泉政権の時代だったでしょうか?

結局、景気対策にばら撒かれた大半のお金は、大手企業を潤し、内部留保を蓄え、大企業の株主への配当で消えてしまって、末端である中小、零細企業まで行きわたってない気がします。

よくニュースで、景気実感として町工場の社長さんや商店街のオバさんのインタビュー聞いても、「悪くなっても良くはならねぇ~」とか、「全然かわらないね~」という意見が多いのは、この辺に表れている気がしますよ。例え、少しの恩恵を受けても、またいつ最悪な状況になるかの将来不安がマインドを支配し、「貯金ちなきゃ」ってなって、みんな財布の紐が固くなって、さらに消費を冷え込ませてしまっている要因だと思うんです。


僕が政治家で景気対策を任せられたら、絶対に…

赤ちゃんからお年寄りまで、全国民1億数千万人に対して…

100円で100億… 1000円で1000億… 10000円で1兆…

だから・・・



『一人当たり100万円でどうだ~~~~~っ!!』




100兆円の予算。。。(あれ?計算あってる?・・・笑)  国家予算以上だぁ。。。

もう、ギャンブルしようが、キャバクラに行こうが、ブランドバック買おうが、旅行に行こうが、、、

ま~~~ったく、モウマンタイ(無問題)!!

消費刺激には、こんだけやんないと!(笑


でも・・・・







ハイパーインフレ1000万%とかいってた、ジンバブエのように…

img_1492288_62664056_0(←100BILLION?1000億ドル札?…笑)







1兆円札






・・・が出来ちゃったりして・・・(笑

432955







コメントをどうぞ

▲ページの先頭へ戻る