歳を重ねて。。


みなさん、こんにちは。

秋晴れが続いて、気持ちいですね。


実は、昨日個人的なことですが、一つまた歳をとってしまいました。

まぁ、嬉しくもあり、悲しくもあり、がんばるぞというのもあり、色々な面でおやじ化するわけで、特に最近体のメンテナンスに気を使っています。

食生活はもちろん、体力の維持や、血圧、体脂肪率など、気に掛けなければいけないところが増えてきますね。


さて、先週は世の中の動きもいろいろあり、APECやTTP、尖閣ビデオなどの流出などなど。。。

横浜で開催されるAPECの警備も、ものものしく、横浜周辺だけえなく、都内も各国の領事館などの警備がすごい状況ですね。

とくに、中国に対して尖閣ビデオの問題もあり、六本木などは20m置きにおまわりさんがいたり。。

そして、ロシア首相の北方四島の上陸などもあり、騒がしい一週間でした。


僕は、こないだの選挙では民主党に入れた一人なんですが、ご存じのとおりまったくの期待はずれでしたね。

もう言ってることと、やってることがチグハグすぎて、全く理解できませんし、こと鳩山さんについては呆れてものが言えないくらい、国民から失笑を買っているのに、その事に気が付きもしない状況で、もう何がなんだか。。。(苦笑

この国の在り方について、もうちょっと真剣に考えてもらいたいですね。


一方、不動産業界については、土地値が下がり、底値と判断している大手企業や不動産ファンドも多く、資金力のある企業は、仕入れ業務を活発化してきているようです。

マンションデベロッパーも、マンション用地の仕入れ競争が激しく、どのマンションデベロッパーも200坪~300坪ぐらいで一次取得者や買換え需要のある3000万円台から4000万円台が最も多く、専有面積的にも70㎡前後の2LDKや3LDKタイプが企画の主流のようです。

住宅ローンも2.3%~2.5%という金利で、借りやすさも手伝ってか、成約率もリーマンショック以前の数字に戻りつつあるようです。


しかし、その反面、企業の財務状況も安定的ではないので、先日発表されたサラリーマンの平均年収がまた低下し、400万代前半ということを考えれば、ユーザーのマインドも慎重になる懸念やリストラによる不安もあり、今後の契約率の推移は改善されないのではと個人的に思っています。

安易なマンション購入した結果、ローン破綻も実際に起こっている状況ですので、まず購入前にFP資格者(ファイナンシャルプランナー)や、専門の方に事前相談された方が、よろしいかと思います。

ネットや情報誌には情報が氾濫しているので、「何が本当なのか?」事前チェックを怠らずに、自分の足で情報収集することもアナログですが有効だと思います。























コメントをどうぞ

▲ページの先頭へ戻る