2011年景気動向は?


みなさま、こんにちは。

やや更新が遅れてしまっています。(正月ボケ?)


今日は成人式のところが多かったようですが、毎年耳にしていた「新成人の暴れっぷり報道」が、

今年はニュースで見ませんでしたね。

やっと、大人になったと実感したんでしょうかね~??(笑



さて、今年の景気動向はどうなるんでしょうか。。

評論家、エコノミスト、アナリストなどの見解を見ていると、やや持ち直すという意見が多いです。

主に、アメリカFRB(アメリカ連邦準備制度理事会)の金融緩和が、景気回復感の期待が高まった上、各種の経済指標も好転した結果もあり、ドル買いによる円安を助長して、日本の輸出企業にも期待感が膨らんで、海外投資家が日本株を見直しているという状況が始まったと見ているようです。


一方、新興国などのインフレ懸念もあって、手堅い日本のマーケットに再注目が集まっているとのことです。

昨年、外資の不動産投資も活発化してきているという、足で稼いだ情報もこのことを裏付けしているような気がします。

・・・となると、あとは政局の安定だけなんですが、一つでも結果を出してほしいものですね。

いつまでも、党内ゴタゴタをやっていても、なぁ~にも進まないですからね。



ただ気になるのが、大前研一さんの記事が、ものすごく気になります・・・!







コメントをどうぞ

▲ページの先頭へ戻る