ロンドンでも・・・

2010年9月29日 水曜日

今日は、昨日と打って変わって晴れ間が覗いていますね。。

やっぱり、晴れるとモチベーションが違う気がします。


さて、先日ネットでいろんな情報を見ていましたら、ニューヨークタイムズ?だったか・・・、


「Chinese Investors Flock to London to Buy Real Estate」

http://www.nytimes.com/2010/09/18/business/global/18chinareal.html


・・・題して、中国人がイギリスでも不動産に投資を行っているようで、記事の内容は、簡単に言っちゃうと、学生である日本人の女の子が不動産屋さんに勤めだして、たまたま中国語(北京語?)が流暢にしゃべれるから、会社から中国人を担当させられてしまったら、ある中国人は写真と図面だけで32万ー50万ポンドの物件を買っていったと・・・(笑

だいたい、今のレートで130円ぐらいですかね~~~?

・・・とすると、130円×500000ポンド・・・6500万円っ??物件も見ずに・・・(笑


「すごくねっ?」

 


マーケット的には、中国人の比率は高くないけど、無視はできないといっています。

(あれ?違ったかな?・・・苦笑)


ホントにお金持っている人は、持っているんですね~~

羨ましい・・・。







西新宿界隈では…

2010年9月28日 火曜日

今日も冷たい雨(温かい雨はないのですが・・・)で、秋を通り越して、冬になるんじゃないかぐらい寒いですね。。季節の変わり目、体調には十分気を付けてください。


じつは、当社の新宿オフィスが西新宿にありまして、その道路反対側には本日(28日)に会社更生法を申請とする「武富士」さんの本社がありまして、朝から報道陣がいっぱいいましたね。

全盛期には、1兆円を超える売上高を誇っていた消費者金融でしたが、時代の流れなのでしょうかね。


それから、その武富士本社から中野坂上に向って数分のところには・・・


でっかぁ~いビルを建設中の工事現場がありまして、地下鉄西新宿駅から徒歩6分の場所にある1万4428m2。三菱地所と平和不動産のグループが2007年9月に約1154億円で落札した、総延べ床面積約12万5000m2の住宅・オフィス・店舗を開発する計画で、2010年から2011年にかけて完成するのですが・・・


実は僕の前職であるキャピタランドという会社が320億円ほど出資しており、日本でのプロジェクトでの投資額としては最大規模になる物件です。



080227_kita_shinjuku



キャピタランド(http://www.capitaland.co.jp/index.html)とは、シンガポール政府の投資会社であるテマセク・ホールディングスが40%を出資している同国最大の不動産デベロッパー。シンガポール、中国、オーストラリアを中心に、20ヵ国以上、110以上の都市住宅、オフィス、ショッピングモール、サービスアパートメント、総合開発を行っています。また、キャピタランド傘下で、三菱地所とサービスアパートメントを展開するアスコット・レジデンス・トラストが220億円相当の住宅を保有しています。


シンガポールに行ったことのある方は、ご存知かと思いますが、銀座の中央通みたいなオーチャードストリートなるところに「ION:(アイオン)」という最大のショッピングモールを昨年オープンさせ、飲食ゾーンにはラーメンの一風堂さんや、銀だこさんなどが出店されており、

この日本企業を誘致したのは。。。



MYUプランニング(サントリー子会社)さんで、




主に女性の植村さんがご活躍されてらっしゃったのをテレビ東京「ガイアの夜明け」で拝見しました・・・(笑)     (その節はありがとうございました。。。)



・・・ということで、何の脈略のない文で申し訳ありませんでした。。。





img621147d1zik6zj (Betsuni…)

Where is the Love?

2010年9月27日 月曜日

みなさま、いつもご愛読ありがとうございます。

さて、今日はややナーバスな問題で連日報道されています、日中問題で気になったので、ちょっと調べてみました。


日本から中国に進出している企業数って何社ぐらいになるか、ご存知ですか?

21世紀中国総研」の統計(2007 〜2008 年版< 中国進出企業一覧>)によると、東証一部上場会社1,689 社の中、中国への進出率は60%で、未上場を合わせると4,837社にも上るようです。

この数字を見るだけでも、ここ数年の経済成長を遂げた中国に依存していることがわかりますね。業種からすると製造業が圧倒的で、次にサービス業なのですが、むろん製造業は、電気機器や化学分野の比重が高く、「世界の工場」とした生産拠点を置く企業が多いわけですね。

一方、我が日本の(外務省発表)の対中ODAは、1979年に開始され、これまでに有償資金協力(円借款)を約3兆1331億円、無償資金協力を1457億円、技術協力を1446億円総額約3兆円以上のODAを実施しているようです。

 

これらのデータを踏まえ、今回の尖閣諸島(中国名・釣魚島)問題を考えた場合、国、民間レベルでもこれだけ国交があれば、この問題が長期化すればするほど、互いにリスクが高くなるので、もう少し落としどころを緻密に計算して、解決してもらいたいですね。

我々の生活の中にも「Made in China」や「中国産」がなくなると、かなり影響度が高いとみられると思います。

 

平和的に解決を願います。。。

 

『Where is the Love?』

 

 

images

若き大家さんとの集い in よこはま

2010年9月25日 土曜日

今日は、肌寒かったですね~。

半月前は、「暑いですね~」で始まってたのが、急に涼しくなってしまって。。。

このような季節の変わり目に、一番感じるところは・・・


ヘルニアもちの腰っ!!


実は、ヘルニアを患って、十数年この痛みと付き合っていますが、とにかく鈍痛があり、ひどい時には、夜に寝返りが苦しいほど傷むときがあります。

必ずといっていいほど、夏から秋に変わる寒い日の雨の日に突然やって来るのです(涙;

もちろん、重いものを持つのは厳禁、ハードな運動もNG。。。

一度やってしまうと、痛みが治まるまで早くて2週間、遅くて1か月はかかります。

ですから、この時期は、すご~く大人しく過ごしていますね。


前置きが長くなりましたが、本日横浜西口にて、不動産投資家の方々の集いに参加させていただきまして、色々な情報交換をさせていただきました。

本当は参加者のご紹介をさせて頂きたかったのですが、まだ了解を得ていませんでしたので、後日確認してから、ご紹介させていただきます。

参加者全員に共通していることは、「外資系勤務」というところで、話題は趣味の話から投資経緯とか、取引銀行の選別、時事ネタや中国に関して、幅広い話題が盛りだくさんで、結構笑えちゃいました。。。


そこで、僕が何気なく言った一言に、みんさん共感してくれたので、救われました。。。

だってね~、不動産ファンドのアセットマネジャーの仕事なんて・・・


入居稼働率が悪い物件を再生しても・・・


『あったりめぇーだろ?!そんなもん・・・!』

 

・・・って思われ、誰も褒めてくれないし・・・

戦略的にも戦術的にも、カチッと結果を残しても・・・


『あら、それが何か・・・?!』


・・・と、鼻でくくったような言われようで。。。

結局、戦術を実行するのはプロパティマネジメント会社ですから・・・

実績を残しても、手袋越しの実感ではなく、素肌で感触を味わう達成感がないわけで・・・


『なんかオモロクないっ』って。。。(ウルウルっ



でもみんさんは、サラリーマン時代にマンションやアパート経営を始められた方ばかりでしたので、とても参考になりました。

アメブロ『立ち上がれ!大家!!』 は、こちら↓

http://ameblo.jp/tachiagare-ooya/




img_1460086_59061808_0(←戸建がヒ~ハ~っ!! なんのこっちゃ・・)








尖閣諸島問題とビジネス

2010年9月24日 金曜日

みなさん、今日の雨はすごかったですね~

千葉県では落雷による被害者が出たとかで、本当にこの時期の天候には十分気をつけなきゃいけませんね。

僕も、今日はアークデザインの増田先生のご案内で、埼玉県のとあるお宅にお邪魔しました。すでに完成後、1年以上経過しているのですが、近隣住宅に比べ際立って目立つ建物です。

020


017


近々、建築専門誌にも掲載される予定で、取材もありました。。。楽しみです


さて、連日尖閣諸島の問題が報道されていますが、今後の日中両国の関係がどうなっていくのか、個人的には心配です。ただ一つ言えることは、平和的な解決を望んでいます。

恐らく、多くの日本人は、報道がクローズアップされるまで、「尖閣諸島って、どこ?」とか「なんでそんなに騒がれているわけ?」・・・って思った人は少なくないと思います。

かくいう僕本人も歴史認識が、まったく”ゼロ”で、今回の報道で色々調べたぐらいです。(苦笑


以前からこのブログでも書かせていただきましたが、”チャイナマネー”について本格的に話が進むさなかでのニュースでしたので、先週中国から戻られた知人の中国人経営者に状況を確認したところ・・



『投資家は、まったく気にしてはいないよ』との回答でした。(ホッ・・・



むしろ、来日する為のビザ申請に時間がかかることを懸念しているようです(笑

ただ、中国国内では日本の報道とは真逆の情報が流されているらしく、「日本の巡視船にぶつけられた」・・・とのことで、意図的に国民の反日感情を煽っているようにも見て取れるようです。


また、お隣の韓国での領海侵犯した中国漁船の拘束人数は、年間5000人超えるとかで、日本の場合は、なぜここまで騒がれるか不思議なぐらいと最初は思ったのですが、背景はやはり、急速に経済発展した中国側の戦略がはっきりしてきていますね。

あまり記憶にはないですが、インドネシア海軍やベトナム海軍とかと、かなりつばぜり合いが頻繁にあるようです。



それより・・・

中国人の知人から、日本への不動産投資を希望している企業名を教えていただきました。。。



思わず・・・



「マジでぇ~っ?!そんなにでっかい会社なの~?!」

(unbelievable~~~!!)

 

img_634545_8513115_1

( ↑ 京一郎は知らなかった・・・)




その企業グループとは・・・???






ヒ・ミ・ツ♪♪(secret) Waoh~~~!


戸建賃貸と都内住宅概況

2010年9月21日 火曜日

みんさん、こんにちは~~~(^^v

最近、時事ネタが多いので、友人から、「もっと本業のアピールをした方がいいんじゃない・・・?」というアドバイスを受け、久々に?・・・真面目な(いつも真面目に書いているつもりなんですけど・・・苦笑)ことを書いてみようかと思います。


まず、東京都の都庁の中に総務局ってのがあるのですが、ここで『住宅・土地統計調査』ということをやっておりまして、主に建築件数や世帯数などの統計を発表しています。

図1


例えば、上記のように総住宅数、総世帯数は年々増加しているのですが、世帯人数が2.14人と減少の一途を辿っているわけです。つまり、少子高齢化が顕著に表れており、老人の単身世帯も増えている傾向でもあるんです。


図2


でもって、お次は、空家率を示したグラフなんですが、ご覧のように5年前の67万戸から75万戸が空家が増え、たった5年で8万戸も空家が増えているわけなんです。恐ろしくないですか??


さらに・・・

図3


上の表を見ると、平成20年度の住宅の種別で約70%と圧倒的に占めている「共同住宅」、いわゆるマンションやアパートが圧倒的に多く、先の空室率を押し上げている要因にもなっているわけなんです。


そして、さらにさらに・・・


図6


全国持家率と都内持家率を比較した場合、都内の持家率と借家率が全国とは逆に、逆転現象を起こしているわけです。


それから、世代別の持家率を検証してみると・・・

図5


都内では、60代になって初めて、持家率が50%を超えて来るので、現役世代がいかに所有するのが少ないかわかりますね。。。


僕は、この”戸建賃貸”に特化したのも、ただ単に思いつきで始めたわけでなく、このような様々なデータをはじめ、過去の経験や、現在の住宅状況、今後の未来予測を自分なりに検証し、確信が持てたからわけです。。。

平成20年というと、まだリーマンショックの影響が限定的だったので、さらにそれ以降は悪化していることは間違いないでしょう。。。

したがいまして、これだけ共同住宅が年々増加している一方、世帯人数も減少し、空室率も上がっている状況で、何億円もの建築費をかけて、新しくマンション経営する勇気、ありますか??




・・・ですから、土地活用は。。。






戸建賃貸っ!!


(バーバリー好きなんで、BURBERRYカラーで・・・)






・・・と、叫んでいるわけです(笑



例えば、コインパーキングをやってる狭小地から、、、テニスクラブ、ゴルフの打放し場を事業転換したいオーナー様とか、古家をリフォームして貸したいとか・・・

な~んでも相談ください!!



Dolce・Asset Management

(直訳:やさしい資産運用)









イチローの凄さ!!

2010年9月20日 月曜日

『プロ入りしたとき、2000本安打打てるようになれよとスカウトの方に声をかけてもらったことを思い出しますが、今日のことは、日づけが変わるまでには終わりたいと思います。次の目標は、次のヒットです!!』


18日、シアトルでのレンジャース戦で日米通算3500安打を達成した、当時2000本安打を達成した時のイチローの言葉です。

itiro

他の選手ならば、次の目標は??・・・と聞かれれば「次は2500本目指してがんばります」とかが、一般的な応え方なんでしょうが。。。

こんな言葉は、さらりと言うことはできませんよ、ホント!!


さらに・・・

『あこがれを持ちすぎて、自分の可能性をつぶしてしまう人はたくさんいます。自分の持っている能力を活かすことができれば、可能性が広がると思います。小さいことを重ねることが、とんでもないところに行く、ただひとつの道』


これは、彼がいる世界だけではなく、一般社会においても共通する言葉だと感じます。

「継続は力なり」・・・を忠実に守り、そして彼が口癖で言う言葉は「準備」なんです。毎日欠かさず同じルーティングワークを行い、それによってその日の体のどこがおかしいか把握し、試合までに微調整を行うセルフマネージメントが徹底していた結果だとも思います。


僕もサラリーマン時代、組織の年間売上目標を達成するには、部下に時系列で4半期ごとに数字をまとめさせ、それを1か月、1週間と落とし込んで、その状況にするには今日、明日何をしなければいけないか自覚させ、習慣化させていきました。

もちろん、イチローの話も聞かせてましたから、彼の打率が’310ぐらいがアベレージでしたから、「10件の商談に対し、3件のペースで・・・」と話した記憶があります。

そして昔、著名なオジサンが言ってた『失敗を恐れるな!恐れなければいけないのは、失敗して何もしなくなることだ!!」・・・ということを想い、自分を奮い立たせていたことを思い出しますね。


さて、僕も次の1件の商談を成功させるために、準備に取り掛かります。。


みなさんも、目標達成のために『準備』に取り掛かりましょっ!!(^^v


img20090709


『気合だぁっ!』

 

『気合だぁっ!!』

 

『気合だぁっ!!!』

 

『おい、おい、おい~~~っ!!!!』

不動産賃貸会社の新しいカタチ。。。

2010年9月19日 日曜日

こんにちは、世の中は3連休ですね。

来週3日有給を取れば、1週間遅い夏休みの方々もいるのではないでしょうか?


さて、本日読売新聞の内閣支持率の世論調査が発表されました。

以下、抜粋した記事です。


『菅内閣としては、発足直後調査(6月8~9日実施)の64%を上回り、最高を記録した。不支持率は25%(前回28%)だった。内閣と党役員人事で小沢一郎元代表を起用しないなど、「脱小沢」路線を評価すると答えた人は70%に達し、内閣支持率を押し上げたとみられる。』

20100918-567-OYT1T00729-20100918-636465-1-L←読売新聞世論調査


どうですか?

先日のブログで、民主党の支持率回復を狙った「悪代官小沢』というストーリーが、現実的になってきませんか?(笑

「政治生命をかけて・・・」なんて言ってましたから、これからやり残した最後のことを完結させられれば、政界引退のシナリオを描いているんじゃないですかね~。その完結させる”何か”までは予想はできませんが、何かそう想像させることが、起きそうな予感です・・・(笑

(これ当たったら、僕も政界にデビューしようかな~・・・苦笑)


それから、もう一つ時事的に業界のニュースで、画期的なシステムが開発されました。

それは・・・、


『数百件の不動産情報も楽々持ち運び』

アットホームが図面情報までを電子化「パラパラめくり感」も再現

そうです、不動産屋さん行くと、沿線別の分厚いファイルから物件図面を探していたことが、データで取り込みipadでペラペラ探せるようになるんです。(すごいっ~!!

ph003←こんな感じで・・・物件が探せるわけですね。。。


むかしお部屋のアドバイザーをやっていた頃、3日に一度、アットホームさんが図面を配布してくるのですが、あの仕訳が超~~~っ、面倒くさいんですよ。

まず、住居と事務所・店舗に分類し、さらに住居を沿線別、それを都内、神奈川に分け、単身者用、1DK,2DK、3DK・・・と間取り別に分けてファイリングするんですが、その配布された日は、営業マン全員でやるんですね。ま~、この時に物件情報を、自分のお客様に紹介できる物件として頭にインプットしていくんですが、いい物件があると、ずる賢い営業マンはその図面を隠して、こっそりいち早く、自分のお客様に紹介するんですよ。やっぱり歩合給なので、やり口がえげつない場合もあるんですね。

・・・で、そのことがバレた営業マンは、反響のお客様の割り振りを3日なしというペナルティを科せられるわけです。ホント必死ですよ、みんな・・・(笑


でも、これからの時代、ipadを持ち歩いていくことも可能ですし、不動産屋さんの店舗も今後なくなっちゃう時代が来るんじゃないでしょうかね~。。。

不動産は、情報が命ですけど、昔から典型的なアナログな業界でしたから、時代のながれなんですかね??(笑



ipad、買おうかな~。。。 


それにしても、尖閣諸島の問題、これから中国人との取引前ですから、ちょっと気になるな(悩;





おうちはどうやって建つの?

2010年9月18日 土曜日

きょうは、暑かったですね。。。

そうとも思わず、ジャケットを着て外出したのですが、「ま~、暑い、暑い」。。

やっぱり、チノパンにうっすら、汗のあとが腰辺りにジワ~っと(笑

僕は、普段よっぽどのことがない限り、スーツは来てません。結構そこら辺のお兄さん達と変わらない恰好で仕事しています。だって、スーツって動きにくいんですよ。しかも夏なんてズボンが汗で足にまとわりつくんです。男性なら絶対経験しているはずですが・・・(笑

ですので、オーナーさんからは「不動産屋さんぽくないわね~」とか、「デザイナーさんみたい」とか言われ、嬉しいのやら、嬉しくないのやら、びみょ~な感じです(苦笑


さて、建物の構造って建築現場は囲いがしてあって、お見受けすることはないでしょうし、建築中マジマジと、ずっと張り付いているわけじゃないので、一般の方はあまりわからないですよね~。

お部屋探しでも、不動産屋さんに行くといっぱい図面見せられて、担当者とカウンター越しに、黙々と分厚いファイルをめくって探す状況を誰しも一回は経験しているはずです。。(笑

そう、あなたです・・・!!(笑

不動産屋さんの担当者も、構造まできちんと説明して、物件対比させている営業マンって、ほとんど皆無といっていいぐらい、あまり気にも留めていないで紹介している営業マンって結構いるんですよ。

およそ、マンションかアパートか、予算がどうとか、間取りが広いだの狭いだの、駅から遠いの近いのってことを重点的に説明するのが、通例だと思います。

ところが、アパート(木造)はともかく、マンションだと、物件の下見しても外からの見た目では、わからないのですね。(僕はわかりますが・・・)


マンションっていうと、鉄骨造(S造)、鉄筋コンクリート造(RC造)、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)、プレキャストコンクリート造(PC造)と大項目で、大方この種別になります。


軽量鉄骨プレハブブレース構造というのが、コストも安く3階建てぐらいまで建築可能なのですが、やや遮音性に難があり、入居後に「お隣さんがうるさくて・・・」とか、お友達から聞いた方は少なくないと思います。

これは、界壁(部屋と部屋の壁)の構造によるもので、この壁の内側というと鉄骨柱の間にブレース(筋かい)があるのですが、グラスウール(断熱材)、防湿シートにPB(パーティクルボード)、クロスが張ってあるだけなんですね。上から見ると・・・

5afe9307←こんな感じ


絵の上部が室内で、下部が外部側なんですが、携帯で話している声や生活音が聞こえちゃうんですね~。そうすると、片方の入居者がこれを嫌って退去するということも少なくないのです。

ただし、メリットは耐震性に優れていて、


bsp_img_earthquake_resistance2

あの阪神大震災で倒壊を免れたのは、このような軸組工法や、ブレース構造のものが多かったようです。

一方、鉄筋コンクリート造の場合は、

img14

壁厚が180mmのコンクリートに断熱材やグラスウール(業界ではフトンって言ってます)が入りますので、遮音性はばっちりなんですね。

しがって、マンションと一口に言っても構造が違えば、入居後にお隣さんとのトラブルになったり、プライベートが丸聞こえ・・・なんてことも。そこは不動産屋さんにきちんと確認してから、決めた方がいいかもしれません。(但し、契約前の重要事項説明書では宅建主任者の説明義務がありますので、確認はできますが、事前の方が間違えないです)



ちなみに僕の自宅は、PC造で、何が違うのかっていうのは、すべて工場で生産したものを、現場でプラモデルのようにはめていくだけなので、あまり現場の技術はいらない工法で建てられたマンションなんですが・・・

prize02-2


一つだけ最大の難があるのですが、僕の部屋は共用廊下側に位置しており、室外機が置けないので、夏の熱帯夜は・・・


images・・・サウナ状態;;;;

 

 

 

 

毎日、暑さを我慢しきれず・・・

images←こんな気持ちですっ!!・・・(笑




どうもこうも・・・日本経済

2010年9月17日 金曜日

本日、リテール業界の飲み会に参加しました。

みんさんがよく見たり、耳にしたりしている企業様の出店店舗開発の方々ばかりの集まりです。僕もリテール(商業リーシング)に携わっていましたので、何気に出店戦略を教えていただきました。



さて、最近マスコミを騒がせている円高対策として、為替介入のニュースが多く、取り上げられてますね~。

一定の効果はあったようですが、市場トレードの金額は300兆円とも400兆円とも言われる為替市場ですが、そこに1兆円数千億規模の円の”介入”を行ったところで、「焼け石に水」と冷ややかな反応であるようです。


ただ、ご存じのように輸出依存である外需頼みの日本経済は、車や半導体部品などを代表する輸出産業では、為替変動が1円、円高に振れることで、為替損で利益が数百億円吹っ飛ぶという話を、よく耳にします。

案外、我々の生活には遠い、えそら話に聞こえてしまいますが、ジワジワ実生活に影響を及ぼしてきているのですね。

不動産業界においても同様で、出し手(金融機関)が、不動産融資に二の足を踏んでいるところが非常に多く、お金が回っていかないのですね。「出したくても出せない」・・・そんなところのようです。


夏も終わり、これから人の移動時期ですから、賃貸業界にいる方々は「待ちに待った時期」ですね。

夏は、ほんとんど売上あがりませんから、営業マンにとっては「稼ぎ時」なんですね。

・・・と考えると、不動産賃貸業界って、春先や秋口が売上のほとんどを占めますから、、


まさに『季節商売』・・・なんです。


日本経済、実は何だかんだ言ったって、この経済状況が、「自分に合った服」なのかもしれませんね。

今までが、経済大国1位だの2位だの言ってたのが、イレギュラーだったのかも。。。


1←アークデザイン増田先生の作品です。。。


▲ページの先頭へ戻る