アジアカップ!

2011年1月31日 月曜日

みなさま、こんにちは。

土曜の夜は、すごかったですね~。

リアルタイムでTVで観戦してました。。。


決勝ゴールのシーンは、深夜にもかかわらず・・・「やたぁ~!! うぉ~っ!!」と叫んじゃいました!!

すごいボレーシュートでしたね。。。


それにしても、今までの代表戦は点を取られてしますと、モチベーションが下がり、時間ギリギリで慌てふためく場面が多かったのですが、

それとは違い、彼らに期待してしまう何かを持っています。

点を取られても、取り返し、最後は逆転劇を何度も見せてくれていましたから。。。

テクニカルな部分や、組織力はノリシロ部分があるにしても、

メンタルの部分は、すごいものがありますね。


特に試合運びや、試合中の流れに選手同士が、どう考え、どう動かなければいけないか、何が足らないかを常にコミュニーケーションを

取って、何度も順応していました。

これは、一般企業の組織にも言えることで、刻々と変わる情報社会の中、上司の判断を仰ぎます、社長の指示を待ちます・・など

やっていたら、まとまる商談もまとまらなくなってしまいますから。。。


いずれにしても、相変わらず政治不満や、将来不安があり閉塞感が否めない中、日本を元気にしてくれる出来事でしたね!


もういちど感動を味わいたい方は・・・↓

http://dogatch.jp/sports_event/soccer/Adaihyo/asiacup2011/


それにしても・・・

imagesCA3UHF1I



渋谷の若者・・・


気持ちはわからなくもないが・・・



そんな元気もないけど・・・








『羨まし~っ!!』・・・笑











今日も・・・疲れたぁ~!!

2011年1月28日 金曜日

みなさま、こんにちは。

今日は、先日いつものごとく、物件情報をつかむべく恵比寿周辺を歩いていた際、ある物件に目が行き、連絡先へ問い合わせした企業へ

訪問しました。

様々な情報交換をさせて頂き、また開発用地の土地購入のオーダーを頂きました。。。


そして、販売物件の現地視察のため、中野方面へ行き、そこからいつもの・・・



“鬼歩き”・・・を自分に課しました!!




中野通りを笹塚、さらに南へ歩き、代々木上原の井の頭通り、そこから環七に出て、さらに新代田過ぎ、小田急の梅ヶ丘へ。

途中に有名な「羽根木公園」の中を通った時、、、、




DSCN0455


梅の花がちらほら。。

いい香りで、春の訪れかぁ~・・と、顔に似合わないようなことを考えていると・・・


DSCN0454


わかりずらいですが、正面の木の上に人がいるんですよ!!

造園会社の方が、枝葉を切っていたのですが・・・

およその高さが、マンションの5、6階ぐらいで15~20mの高さでしょうか。

高所恐怖症の僕は、見ているだけで鳥肌が立つぐらいで、ホント職人さんって、つくづくすごいなぁ~と思ってみてました。。



梅ヶ丘駅で、さすがにお足が痛くなったので、マックでひと休みし、もうひと頑張りで経堂駅。

小田急線に乗り、成城学園駅で下車し、高級住宅街へ。


思えば、中野方面から経堂までひたすら歩き、時間にして4時間!!



おかげで土地情報は、何件か情報が入りました。。。

土地情報は、あまり表の情報に出ないのが一般的で、こうやって歩いて探すのが効率は悪いですが、

良い情報が入るんですね。。。(経験上・・・笑)









アジアカップ!!

2011年1月26日 水曜日

みなさん、昨日の日本代表戦、アジアカップご覧になりました?

僕は、リアルタイムで見ていました。

早めに風呂に入り、「ガイアの夜明け」を途中まで惜しみつつ、10:20分にチャンネル5!


結果は、ニュースでご覧になったとおり、いい試合でした。。。

後半20分過ぎから、日本の足も止まり、韓国のパワープレーに圧倒されつつありましたね。


5バックになったザッケの戦略に、やや不満と不安を持ちつつ、延長戦終了直前の同点弾!

解説の松木さんが終始指摘していたように、人数はいるけど、見合っちゃっている場面が多く、


“ラインが下がっちゃって、やられそうだな~”・・・って思ってたら、案の定、一瞬のスキをつかれちゃいましたね。


延長戦の1点リードの場面では、もう少し攻撃に重点を置いた方が、あんなに突っ込まれなくても大丈夫だったんではないかという感想です。

まぁ~、川島の神がかりのセーブで、結果オーライなんだけど・・・。(笑


いずれにしても、次はオーストラリア戦!

思い出すのが、W杯の短時間の3得点。。。

頑張ってほしいものです。。。



くぅ~っ、勝つんです!!


kume2



じゃなかった・・・


こっちだ!!


kabira









英語の公用化

2011年1月25日 火曜日

みなさん、こんにちは。

インフルエンザ流行っていますが、いかがお過ごしですか?


さて、今年から全国の公立小学校5、6年生に外国語(英語など)が必須科目になりました。

先日もTVで埼玉の小学校がいち早く、授業に取り入れている風景を見て、授業というよりコミュニケションの場として、歌やゲーム、さらにはファーストフード店での実際のオーダーの仕方など、実践的に行っており、ネイティブな先生でもちろん、日本語は一切使わないという番組を見ていました。


僕の世代というか、今までの学校教育では、それこそ・・・


「This is a pen」とか、「That is a boy」とか、日本語での普段の会話でも想定しえないことばかり・・・(笑

個人的には、小学3年ころから英語塾に通わされていたので、ある程度免疫ができていたので、その後の英語の成績は、良かった方なのですが。。。

それでも、会話をするということに慣れていないのと、最も重要なヒアリングが出来ないので、質問されても答えられないのが現状でした。

これって、日本人が単一民族でもあり、周りが海に囲まれている国柄も関係しているもので、今まではどちらかというと、異国人に接する機会が極端に少ないのが要因だと思いますけどね。


僕が、頻繁に外国人(アメリカ人)に接する機会が多くなったのは、それから10年以上経ってからで、21歳の時に友達の女の子が、東京福生市にある米軍基地(横田ベース)の軍人と結婚してから、その友人の自宅(ベース内)に招かれ、その後、週末にベース内にあるバスケットコートで、子供たちにバスケットを教えだしてからですね。子どもだったら、簡単な単語で通じますから。。。(笑


さらに、その後六本木に夜遊びしに行くたびに、外国人の友達が出来て、色々言葉を覚えていきました。

いわゆるスラング語(笑


「Hey! What’s up man?」 (元気か?)


とか・・・


「Are you serious?」(マジ?!)


とか、


「I’m f●cking pissed!!」、「Dumn it!」(こんちきしょう!!)


みたいな。。。(苦笑



これらは、遊び場や親しい仲間同士ならいいのでしょうが。。。

ビジネス上では、使っちゃだめですよね~


ちゃんと英会話をキチンと習いたいと思っています。。。



ちなみに、前職の外資系の1次面接時に人事の方から・・・


「英会話は大丈夫ですか?」との質問され、



「はい、大丈夫だと思います。六本木で覚えました。スラングですが・・・」


と、何気に答えたら・・・


後日の2次面接で・・・

「面接した人で、英語を六本木で覚えたって答えたのは初めてでしたよ。」

(これホントの話・・・笑)



(注意:基本的にはTOEIC何点以上という採用基準がありますので、誤解のなきよう・・・)






サイキン オモフコト・・・

2011年1月23日 日曜日

寒いですね~・・・て今日は一歩も外出ていませんでしたが・・・(笑


最近、テレビで見ていて、ちょっと感慨深いというか。。。

江口洋介、織田雄二、伊集院光、中山秀征、沢村一樹、サマーズ(大竹、三村)、清原和博、桑田真澄、天海祐希、ジュリアロバーツ、ニコールキッドマン・・・。

この方々、どういう関係か・・・




この方々、同級生なんです。

特に芸能人の伊集院光は、生まれた日も同じなんです・・・(笑



もうベテランという域になっている同級生ですが、一般企業においても、部長や役員クラスになっている方々もいらっしゃると思います。

いざ、自分で振返ってみると、20代、30代とどう生きてきたんだろうと。。

そして、これからどう生きていくべきか。。


この間、プレジデントを読んでいて、医療器メーカー大手の社長 和地 孝さんがこんなことをおっしゃっていました。



『一流のものに触れろ』



すごく、す~っと心に入りましたね。

やはり、若い頃とは違って、一流のものに触れ、一流のものを創り出していかなければいけない年齢になってきたと実感しています。


上記に挙げた方々は、常にそういうものを創り出してきたのだろうと。。。


一流っていい言葉ですね。




ビジネスフェアin横浜

2011年1月22日 土曜日

1月20日、横浜方面の物件調査後、みなとみらいのパシフィコ横浜へ。

ビジネスフェアにお邪魔してきました。

ご存知の方も多いかと思いますが、リテール業界として、商業デベロッパーや小売販売、メーカーなど多数の企業が参加していました。


前職の会社も出展しており、元同僚や上司の方々もいらっしゃって、中々盛況な感じでしたが、商談になればいいですね。

また、過去取引先の方々や、リテールファンド、PM会社、テナントなど様々な方々と久々にお会い

出来、嬉しい再会もありました。


『また、面白いプロジェクト一緒にやりましょうよ』・・・って声かけていただいた方がいて、

思わず感激してしまいました!!


ぜひ、一緒に企画しましょう!!


中々、景気が低迷しており、消費者のマインドも冷え込んだままで、小売業界、百貨店業界も勝ち組、負け組と明暗がはっきりしていましたが、今年は景気が上昇する局面を期待したいものです。。







アナログ

2011年1月20日 木曜日

みなさま、毎日寒いですが、いかがお過ごしでしょうか?


先程、WBS(ワールドビジネスサテライト)で、マンション特集を見ていました。

「コンパクトマンション」が売行きがいいという内容でした。

大京や三井不動産などの大手マンションデベロッパーが30㎡~50㎡前後の『おひとり様用』の

トレンドに乗って、販売を促進しているようです。


昨今、土地の仕入れも難しくなっている状況で、このような企画は理にかなっているかもしれません。

・・・が、どこもかしこもコンパクトマンションだらけになったらどうなんでしょうね。

少子化が進んでいる状況で、将来的には不安が残ります。

実は、このコンパクトマンション、賃貸業界では・・・


『中途半端』・・・


で、客付しにくい物件の部類になるんですね。

都心部だと、30~40㎡前後で14~15万円の家賃設定が多いのですが、

入居者から見ますと、15万も払うんだったら、もう少し離れて、50㎡以上の広さを求める傾向が

強いのです。

今後のマーケットは拡大するのでしょうか?


さて、いつもの『PRESIDENT』・・・(苦笑


経営者トップの記事が特集されていました。

楽天の三木谷社長は、創業時のネットモールの出店者は13店舗しかなかったようです。

ソフトバンクの孫社長は、「Yahoo BB」を仕掛けた当時、4年間毎年1000億の赤字だったそうです。(驚!


他の経営者の記事を読んでいて、個人的にはある共通点を見出しました。


「誰でも知っている企業の経営者なのに、やっぱり泥臭いことやってきているんだなぁ~」



一方、現在の就職難であえいでいる学生は、イメージで大企業に就職希望が殺到し、せっかく就職競争で勝ち残って、入社しても2、3年であっさりやめてしまう。


「やりたかった仕事じゃないっ!!」・・・って。



なぜ、この会社が大企業なのだろう?

なぜ、売上が上がっているんだろう?

なぜ、人気があるんだろう?


・・・そこにある背景や、その根拠を分析する力がないような気がします。

先の三木谷社長、孫社長についても、どぶ板営業もやれば、ここぞばかりに頭を下げる。


ネットが普及する以前は、すべて足で稼いで情報を取るしかありませんでしたから、

当然、人との接触や交渉が必然的に増えていきます。

そうやって、筋肉質なビジネスマンが育っていくのでしょうが、もっと若い人にはアナログになってほしいですね。



僕も情報取る際は、今でも実践しているのですが、デスクの上でネットで情報掴むより、外回りして、街を歩くだけでも、ものすごい価値ある情報が入ってくるのを実感していますから。


アナログっていいですよ、やっぱし・・・。



改造内閣?

2011年1月17日 月曜日

こんにちは。

今日は、早めに更新しようと思って、PCに向いました。(関心、関心。。)

・・・というのも、これから・・・

 

 

『勝つんです!』

 

 

そうです、サッカーのサウジアラビア戦なので、気合を込めて応援しようと思います。

 

さきほど、Yahooニュースで菅改造内閣について・・・

 

「どうぞ4人でやりなさい」鳩山前首相が不満・・・という記事。

 

 

この人は、本当に人間性を疑ってしまいます。

民主党政権に代わって、最初の首相はこの人だったわけですが、一番の戦犯だと思っているからです。

沖縄の方々を逆撫でし、アメリカの不振を買い、その影響で隙をついて尖閣問題、ロシア大統領の北方領土上陸。。。

さらに、『財源はいっぱいある』って言いながら、何一つ結果も出せず、最後は全てを放り出して、逃げ出した張本人ですからね。

議員を辞めるといって、撤回をするし、まったくもって節操がないです。

 

本当に、政治家の質が低レベル。

 

僕が、唯一「あ~、この人はまともだな~」って感じる人は、みんなの党の江田憲司さんですね。

 

 

やや景気も持ち直しそうな状況で、増税はないだろうと思っていたんですが、どうも雲行きが怪しくなってきました。

もっと、無駄なところや、公務員改革など色々なところ、まだまだあるんじゃないでしょうか。。。

 

 

ま、気持ちは前向きにがんばりましょう。。。

 

 

 

信じるか、信じないかは・・・

2011年1月16日 日曜日

ずいぶん更新が滞って。。。(汗;

先週は、寒い日が続いて、顔が痛いぐらいでしたが、いかがおすごしでしょうか?


実は、自称「UFO研究科」なんです。

まぁ~、主にこの手の本を読んだり、映画を見たり、動画を見たりする趣味の範囲なんですが…。

(決して、UFOを呼んだりし、呪文を唱えたりしませんよ。 笑)


もともと、小学生のころに図書館で、アポロ13号の月面着陸時の写真に興味があって。

最近になって、暴露されていますが・・・


『月には水もない、空気もない』・・・と教わったのに、


「なんで、空気もないのに旗がなびいているんだろ?」・・・という素朴な疑問を抱き・・・


以来、数十年にわたり、古代文化や壁画などにも興味がつきなく、


色々な本を読みあさりました。


もちろん、肯定的な本から否定的な本、宇宙科学的な本(サイエンスとか)、童謡など、一時は航空力学からアインシュタイン相対性理論まで。(この辺りは難しくて、途中で断念ひましたが・・・)


中でも、一番興味をそそられたのが・・・

piri_map1(←ピリ・レイスの地図)



ところでみなさん、人類が初めて飛行機を飛ばしたのはいつ頃か、知っていますか?

それは・・・1903年です。 かの有名なライト兄弟が初のパイロットなんです。


そして、この古地図は1929年にトルコで発見されたもので、作成者はピリ・レイス。

作成されたのは・・・






1513年!!






地図の南の端には、氷に覆われる以前の南極大陸の海岸線を示し、この地図の海岸線は、エジプトのカイロ上空から撮影した衛星写真の地形と見事に一致しているようなんです。


さらに・・・




このピリ・レイスの地図は、何らかの情報を参考にして書かれたコピーだという説もあります。


つまり・・・飛行機が発明されたのは、今からおよそ1世紀ちょい前なのに、そのさらに400年前。


我が日本では、織田信長のちょい前の『足利時代』の室町時代にあたる頃です。

その頃にはすでに、上から見た今で言う航空地図なるものが、存在していたんです。



このようなことはごく一部で、世界にはオーパーツ(Out Of Place Artifacts)といわれる「場ちがいの加工品」という意味で、その時代にはありえない物などがたくさん存在するのです。


UFOについては、メキシコが世界で唯一認めている国があるんですが、

日本は特に、存在する議論さえされていないのが現状です。

ベネゼイラ Los Roquesの有名な事件↓

http://www.youtube.com/watch?v=qZhrY4d_I3A&feature=related



また、2009年アメリカのNASAが発表した『 太陽が放出する粒子線から地球を盾のように守っている磁気圏に、巨大な穴が開いてることが、NASAの人工衛星の観測データからわかった。
穴は、地球約4個分の大きさにまで拡大しいて、太陽の粒子線が地球の磁場圏内に漏れて、地球の磁場を乱していることも確認されている。
研究チームは「太陽活動が次のピークを迎える2012年頃、人工衛星の故障や地上の停電など混乱が生じる可能性がある」と警告している。


過去にもカナダで、この宇宙線の影響によって、大停電を起こした経緯を考えれば、

この2012年って、様々な憶測がありますが、何かありそうな気がします・・・




信じるか、信じないかは・・・     (笑











木を見て、森を見ず?!

2011年1月13日 木曜日

今日も寒かったですね~

風邪引いてないですか?体調管理が重要なこの時期ですので、気を付けてください!


今日は、午前中に今も可愛がってくれている?・・・元上司の会社へ新年のご挨拶で訪問。(ちょい遅すぎるかもしれませんが。。)

いつもは冗談話が9割以上で終わってしますのですが、今日はちゃんとまともな?・・仕事の話をしてきました・・・(笑

経営戦略や事業目標なども聞けて、規模は僕と全然違いますが、かなり参考になりました。

やっぱり、第一線で活躍している方の言葉って、すごくリアルですし、普段見えないことや感じないこと、忘れていたことなど改めて感じさせて頂きました。勉強になります!!


ところで、最近経済紙や経済番組などを見ていると、よく耳にする言葉があります。



『俯瞰的に物事をみる必要がある。』



まぁ~、意味合いは「高い所から全体を見てみる」とか、「客観的に物事を捉えてみる」ということなんですが、

経済状況や人々の心理、考え方、将来予測、過去の分析・・・様々な事柄を俯瞰的に見る必要性があると個人的にも思います。

欧州の金融危機も、いまだ不安が拭えませんし、アメリカ経済もまだ元気とは言えないし、中国も政治のかじ取りによっては、

リスク再燃ってことも考えられます。

そこで、わが日本国はどうみるか。。。


はっきり言って、いまの状況は・・・



『他力本願』




・・・ってことがぴったりなのかもしれません。


輸出関連企業については、為替差損の影響によってあっという間に利益が吹っ飛ぶ、その為替も先進国の経済状況にも左右され、

企業業績が株価に影響を与え、さらに昨年のチャイナリスクが表面化した政治的影響。


つまり、内需が期待できない状況の中、他国の状況にいかに左右されているか・・・。



結局のところ、俯瞰的に見ることの必要性を感じてはいるものの、

自分の足元をしっかり固めていかないと、自分の意志とは関係ないところから影響を受ける状況が続くのかもしれませんね。


『木を見て、森を見ず…』

(You cannot see the wood for trees)



まずこれをしないと、俯瞰的に見れないのでは・・・?  、と思うのは僕だけでしょうかね~


さて、みなさんどう考えますか??














▲ページの先頭へ戻る